【YOP】~POTiON Family Label Party現地レポート~【Paris】


POTiON Family Label Partyレポート

Showcase Paris

 20161111_023818

 

みなさんお久しぶりです!

 

最近では早朝ともなるともう0度近くまで冷え込む日が多くなってきたにも関わらず、

部屋の暖房が壊れているためウォッカで体を温め始めたYOPです(笑)

 

前回のオランダにて行われたSummerLake Festivalのレポートを読んでいただいた方、ありがとうございます。

これからも不定期ですがクラブ、フェス等のレポートを書いていきたいと思います。

 

さてさて前置きはこれくらいにしておいてそろそろ今回のレポートと行きましょう!

 

今回、11月10日 (木) フランスのパリにあるShowcaseというクラブにてPOTiONのLabel Party (The magician率いるLabel)に行ってきました。

ちなみにThe MagicianはParis出身ですよ~

 

出演アーティスト

TCTS 23:30-02:00

The Magician 02:00-04:00

The Aston Shuffle 04:00-05:30

 

ステージも800人収容ほどのメインが1つだけだったので、一晩でこの3組だけというHouse好きにはなんとも至福なタイムテーブルではないでしょうか!?

 

ここ最近による彼らのリリースした曲のクオリティーの高さから、3人とも見るのを楽しみにしていたことは間違いないのですが、TCTSはその中でも特に見てみたいアーティストの1人だったので、このタイミングで彼のセットを拝見できたことは個人的にはかなりラッキーでした(笑)

したがって彼のセットについては他の2人よりも掘り下げてセットを見ていこうと思います!

 

まぁ~その日のセットも一番長かったことだしね:)

 

そのTCTSですが、

 

まず、出番がopen (つまりお客さん0の状態から)ということもあって最初の一時間ほどは歌ものには一切手を付けず、bpm122±1くらいで非常に落ち着いたテンポのHouseをかけていました。

午前1時前後、私が久々に大きな音で心地よい音楽を聴いて顔がヘロヘロし始めてきた頃になると、お客さんも徐々に入ってきて前方の方にちらほらとグループができてきました。すると曲もだんだんとMelodic Technoや優しい女性ヴォーカルが乗っかったHouseに移り変わって来てTCTS – Gamesの柔らかく温かいメロディーに似た感じの音が聴こえ始めました。

 

・Arjuna Schiks – Parkish (Olivier Weiter Remix)

https://soundcloud.com/olivier-weiter/arjuna-schiks-parkish-olivier

 

そして2時前になると会場もだいぶ盛り上がって来て、bpmも124前後くらいでTCTS –Jellyのようなクールな音や 、Federico Scavo – Bugといった会場をまとめ上げるキラーチューン的な曲が流れに加わり、クライマックスに向けていよいよといった雰囲気をうまく作り出していました。

 

・TCTS –Jelly

https://soundcloud.com/tcts/jelly

 

・Federico Scavo – Bug

https://soundcloud.com/federicoscavo/federico-scavo-bug-original-mix-pacha-recordings

 

このまま最後までかっこいい感じで突っ走っても行くものだと遂、思っていましたが、完全に裏切られました(いい意味で)。

バトンタッチまでの残り20分、TCTS – Games, NVOY – Make You Mineといった曲を筆頭に、にやにやと幸せな感情が止まらないほどに怒涛の美しいHouse祭りでした(笑)

 

・NVOY – Make You Mine

https://soundcloud.com/nvoy/make-you-mine

 

・TCTS – Games

https://soundcloud.com/tcts/games

 

2時間30分という長い時間ではありましたが、体感的には本当に一瞬でした。しかし満足感は過去に見てきたセットの中でも1,2位を争うくらい高かったです!

少し心残りなことは、彼の新譜TCTS – Live For Nothingがかからなかった事くらいですかね~(笑)

ほとんどの曲をフル尺で使い、丁寧かつ時にダイナミックに曲を繋いでいく今回のようなミックススタイルは、今後自分がDJする上での参考になる部分がかなりあったかと思います!

20161111_020916

 

はい、

 

次はいよいよボス(The Magician)のお時間ですね(笑)

も~何がすごいかって言うと、

まずThe Magicianは1曲目の(本人のIDだと思います)時点で確実にお客さんを自分の世界に引き込んで、終始彼の世界観が会場全体に漂っていました。正直言葉に起こしづらい現象です。まさに大物アーティストの風格でした。

肝心な流れと言いますと、出だしは意外にもだいぶ激しかったです。Tchami,やMalaaが得意とするようなBasslineの効いた低音ぐうぉんぐうぉん系もかけていました。

 

・Tchami – SIAW

https://soundcloud.com/iamtchami/tchami-siaw

 

曲調も次第にPOTiON色に移っていき、自身のリリースやレーベルメイトや同じフランス出身のMartin Solveigの曲をフル尺で流すのではなく、かなり工夫したeditやmashup等でフロアから離れる隙を一切与えてくれませんでした(笑)

まさに職人技だね。

途中、大好きなEva – Punctualが流れた時は感極まって少しうるっとしてしまった、、、(この曲は是非ともこの記事を読んでくれてくださっている方には聴いて欲しいです)

そして案の定、楽しく踊っていたらあっという間に時間は過ぎ、気が付いた頃には残り30分とかだったかと、、、

貴重な2時間セットで新しい曲ともたくさん出会えたのでこれまた満足です!

全体でIDも5,6曲くらいあったことだし:p

 

・Eva – Punctual

https://soundcloud.com/wearepunctual/eva

 20161111_021608

 

楽しかった時間も残りわずかになって来たというところでいよいよ本日のcloseを担当をします、The Aston Shuffleの登場です!The Magicianからの流れを断ち切ることなかったものの、1曲目からThe Aston Shuffle – High With Youでお客さんたちももう絶叫かつ踊り狂っていました(笑)

しばらくこのようなディープな曲が続き、TCTSの時とはまた違った曲の展開の仕方が癖になりそうなHouseが徐々にそれに加わり、さらにMattei & Omich – Drop The Bomb のようなセクシーなDiscoサウンドをこの流れの中で挟み込んできからにはもうメロメロだよね~(笑)

まさに成す術がございませ~んってやつです!!!

 

・Mattei & Omich – Drop The Bomb

https://soundcloud.com/metropolitan-recordings/mattei-omich-drop-the-bomb

 

このまま気持ちよく終わらせるのかな~と思ったのですが、ラスト30分くらいはなぜかbpm110あたりまで落としてrapが乗っかったDeep HouseからもはやChill ElectronicaやChill trap, Hip Hopまでもがかけられていました。繋ぎもいくらかどたどたしていたのでちょっと残念でした。

けどラストにOffaiah – Trouble (Jengi Beats remix)に出会えたので最後までいた甲斐はあったかなぁ~と思います(笑)

 

・Offaiah – Trouble (Jengi Beats remix)

https://youtu.be/PlJQMFKky8A

 

・B O B B Y N O U R M A N D – D E E P in N Y (feat. DOC & Goodmorning)

https://soundcloud.com/bobbynourmand/deepinny

↑こちらの新譜ももちろんかけていましたよ~

20161111_043308

 

こうして見返すとかなり内容の濃いイベントでしたね。あまりにも気分が良かったのでノンストップで踊って歌ってたな~(笑)

ベストアクトはもちろんTCTS!!

openっていう難しい時間にも関わらず、2時間30分という持ち時間の長さでいろんな側面を見ることができたし、どの時間台に登場しても会場の雰囲気に合わせたプレイを常に自分の色を損なうことは無くDJできるアーティストだと確信しました。

それも彼のリリースする曲のバラエティーさに由縁しているんだと思います!

 

 

 

今回このShowcaseというクラブにお邪魔したのですが、雰囲気素晴らしいです!

なんせパリの観光名所でもある、アレクサンダー3世橋という橋の中にあるという世界的にも珍しい“橋の下のクラブ”です。

内装も派手な装飾はなく橋の造りを活かした感じになっております。ガラス窓も光が当たって綺麗ですし、レンガ造りなのもいい味出しています!

ドリンクは日本のクラブに比べて少々お高いです;(

逆に荷物の預けは2€とかで安かったです!(バックの預けは4€だった気がします)

近くにメトロの駅がいくらかあってアクセスも抜群です。

パリに訪れた際は是非!概要リンクもページ下に張っておきます。

20161111_023942

 

注意:普段からクラブやフェスに行く人は既に心得ている人はいるとは思いますが、自分の飲み物には目を離さずに、できることならグラスの開口部を覆うようにして持つことを意識してください。ドラッグを知らぬ間に入れられるといったことが可能性は低くともあるらしいです。

 

 

 

またまた長めのレポートになってしまいましたが、最後まで閲覧してくだき、ありがとうございます!

今までの記事まだ読んでないという方がいましたら是非、当サイトをさかのぼって見ていただけたらうれしい限りです!

また当サイトを運営するBeginningはクラブイベントも頻繁に行っています。

今回、偶然このレポートを通して私たちを知っていただいた方で、まだ行ったことが無いという方がいましたら、足を運んでみてください、同じ音楽という趣味に没頭している人たちが多く世代を超えて集まっています。

Beginningの事や、今回の記事で気になったことがあった方は是非お気軽に下記SNSにてご連絡お待ちしています!

ではでは、また次回の記事で!

 

 

・YOP Twitterアカウント

https://twitter.com/yooosuke_ynstlo

・Beginning Twitterアカウント

https://twitter.com/beginningtokyo

 

・Showcase Paris

https://www.google.fr/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiknZHMsbfQAhVFCBoKHc9FBvAQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.showcase.fr%2F&usg=AFQjCNFq57W4YpxJSPbjzEbyFaP6JhyF8Q

 

最後にYOPが撮ってくれた写真と動画です!

20161113_113610 20161113_113329 20161113_113254 20161111_043306 20161111_035929 20161111_023818 20161111_023817 20161111_012423 20161111_011910


SAKO

Beginningのパパ兼キャプテン。 ドラムンベースDJ。

You may also like...

1 Response

  1. 2017年5月26日

    […] YOPのこちらのフェス紹介でも名前がでたTCTSのTCによるドラムンベースRemix。 TCぽいちょっと弾けたポップな感じに仕上がっています。 […]